在宅での認知症介護はどこからが限界なのかを検証するブログ

老人ホームで訪問歯科によるオーラルケアを受けるメリット

      2016/06/27

・口腔ケアは健康維持のために重要

 

高齢になると体が思うように動かず、ついつい歯や口のケアがおろそかになりがちです。とくに寒い冬の時期は、冷たい洗面台に立つだけでも億劫です。

けれど歯磨きを怠るといくつかマイナス面も。どのようなことが起きるのでしょうか?

dental_floss

 

1・歯磨きをしないと口の中に細菌が大量繁殖。その細菌が肺の中に入ると、肺炎を引き起こすことも。

大量の最近が血液中に入ると、そこから病気が引き起こされます。「血管障害や糖尿病、心臓病」などの病気も、口の中のケアを怠ることで引き起こされる可能性があるのです。

 

口の中の細菌を放っておくと「プロテアーゼ」という酵素が作りだされ、口の中の粘膜を破壊する可能性もあります。粘膜が破壊されると体内に侵入する最近の数が一気に増えます。口の中をたえず清潔に保つことで、健康を守ることができるのです。

job_haisya_woman

 

2・虫歯を放置すると自分の歯を失うことに

歯磨きをしないままですと、虫歯が進行しやすくなります。歯が痛くなってから歯科医に行っても、結局歯を抜いて義歯を入れることに……。自分の歯を失うと食事が美味しく感じられませんし、入れ歯になると日々のケアも大変です。

 

健康な歯がたくさん残っているのは健康の証し。自分の歯で食事をとることで、生活の質を向上させることができます。こまめなケアで健康な歯を維持しましょう。

 

・老人ホームでも訪問歯科サービスが受けられる

 

歯の定期チェックのためには歯科クリニックを受診しなければなりません。自由に体が動く間はいいのですが、高齢になると車を運転するのも困難になります。とくに介護施設に入所してしまうと、自由に外出することもできません。

 

そこで老人ホームに訪問歯科のスタッフが来てくれる介護施設、また介護スタッフが口腔ケアをきちんと施してくれる介護施設を選びましょう。

dental_fross

介護施設では「介護スタッフが少ないので入所者の口の中のケアまで手が回らない」のが実状です。細かい口腔ケアまで行える介護施設はスタッフの数にそれなりに余裕があるか、口腔ケアの重要性をスタッフが認識し、しっかりチェックしてくれている施設です。

 

職員の人数に余裕がある施設は、どうしても入居一時金や毎月の費用が高めに設定されている傾向です。入所一時金が数千万円必要な老人ホームには、なかなか気軽に入所できませんね。

 

その反面、費用の安い施設でも口腔ケアに力を入れ、職員が食後に入所者の口の中をチェックし、歯磨きの手伝いなど、口腔ケア支援をしているところもあります。

dental_floss_mochikata

施設に定期的に訪問歯科スタッフがやってきて、本格的な口腔ケアサービスが受けられる施設もあります。口の中のケアは重視されない傾向がありますが、入所者の健康を重視する介護施設なら口腔ケアもきちんとしています。

 

リンク先の資料は大変参考になりますので、入所先を選定する際にご参考にしてください。

 

 - 未分類