在宅での認知症介護はどこからが限界なのかを検証するブログ

高齢者が免許証を自主返納~免許卒業式の意味

      2016/06/13

・増え続ける高齢者の事故

もう10年以上前の警視庁の資料ですが、平成16年の時点ですでに「高齢運転者による死亡事故は増加傾向にある」とされ、高齢者ドライバーに対する警鐘が鳴らされていました。

 

また年齢層別致死率(交通事故によるもの)は65歳以上になるとほかの年代と比べて桁違いに増えています。これは高齢者が交通事故に巻き込まれると、ほかの年代にくらべて死亡する可能性が高いという現実を意味しています。

 

平成16年以降も、高齢ドライバーが原因となり起きた事故は枚挙に暇がありません。高齢ドライバーの運転が危険であるという認識は、平成16年の時点でも強くイメージされています。

 

65歳未満の方が高齢ドライバーにどのような印象をもっているか? という内容の設問「高齢ドライバーに対するイメージ」では

 

1・注意の状況に注意を払わない

2・ブレーキを踏むのが遅れるなど反応が遅い

 

というマイナスイメージが多数。64歳以下のドライバーが高齢ドライバーを見る目は、かなり厳しいと言えます。高齢ドライバーによる事故が増加していることが、背景になっているものと思われます。

kourei_jiko_car

・高齢ドライバーの免許自主返納~免許卒業式への参加

 

運転免許証を自主返納した高齢ドライバーに対しては、全国各地で「免許卒業式」が行われています。免許失業式では自動車のかわりに自転車を利用してもらおうと、卒業式と同時に自転車教室が開かれることもあります。

 

また返納した運転免許証のかわりになる「運転経歴証明書」が手渡されるなど、免許返納者への配慮も。免許失業式に参加することで、高齢ドライバーの気持ちにもけじめがつくというメリットもあります。

 

menkyo_blue

・免許返納で得られるメリット

高齢ドライバーが免許を自主返納することで、どんなメリットが得られるのでしょうか? さまざまな優遇措置があるようです。

  1. ・銀行預金利息の優遇
  2. ・飲食店や温泉宿泊施設などでの割引
  3. ・引っ越し代の割引
  4. ・タクシーの乗車運賃の割引
  5. ・バス運賃の割引

免許証を自主返納するということで、バスやタクシーなどの交通や引っ越し代の優遇、割引が多いようです。免許を返納すると自力での移動ができなくなり、不便になることはいなめません。

 

タクシーやバスなどの割引が多くなるのも、優遇措置としては妥当だと思われます。

taxi_tomeru_man

 

・免許返納でのデメリット

免許証を返納することで起こるデメリットもあります。以下のようなことが問題になりやすいようです。

 

  1. ・軽度認知症(MCI)の段階で免許証を自主返納すると家に引きこもりがちになり、認知症が急激に悪化するリスクがある。
  2. ・運転免許証がなくなると「人に頼らないとなにもできない人間になる」と思いこみ、うつ症状がでることも。(自信喪失)
  3. ・外にでる機会が減り、体力が衰える

これらのデメリットをまとめた報告書がネット上に公開されています。ぜひご参考にしてください。

 

 - 未分類